Navigation

クレディ・スイスのお客様
ケーススタディー

クレディ・スイスは、お客様の状況に応じた、様々なご要望や将来のプランの実現のお手伝いをしています。

以下では異なるニーズを持つ様々なお客様の例をご紹介しておりますが、どのお客様もクレディ・スイスの統合された金融ノウハウによる恩恵を受けておられます。ただし、これらの名前・年齢その他プロファイルは実在のものではありませんので、ご留意ください。

三井 友里恵様 23歳

case1-150x215

三井典雄氏(友里恵様の父)は、創業した家電会社を全国的な
大企業へと成長させました。お嬢様がいつか会社の経営に参加する日を心では願いつつも、彼女が現在はファッション写真家としての
道を歩んでいるのを積極的に応援しています。

友里恵様は、お父様担当のクレディ・スイスのリレーションシップ・
マネージャーを紹介されるまでは、投資経験がまるでなく、金融の
ことはほとんどご存知ありませんでした。そのリレーションシップ・
マネージャーは、彼女がクレディ・スイス主催の「国際若手投資家
プログラム」(国際投資入門講座)に参加できるように手配しました。
プログラムに参加したおかげで、友里恵様は単に投資と財務管理に
ついて学んだだけでなく、同じようなバックグラウンドを持つ人たち
との新たな関係を築くことができました。また、投資テクニックや
クレディ・スイスが提供する独自の運用アドバイスについても
理解が一層深まりました。

川西 浩之様 35歳

case2-150x215

コンピュータ・ソフト事業で財産を築き上げた川西様は、最近に
なって、会社を証券取引所に上場させました。その際の主幹事は
クレディ・スイス証券でした。

プライベート・バンキングとインベストメント・バンキングの各専門家で構成されたチームが、川西様と密接に連携したことによって、彼は
株式公開(IPO)を成功させ、最大限の株式売却代金とリターンを
獲得することができました。また、優れた投資家でもある川西様は、クレディ・スイスをメインバンクとしています。クレディ・スイスなら、
部門間の垣根を越えてそのグローバルな専門性を活用でき、
川西様の事業と個人資産の両方の運営をサポートしてくれる
からです。

川西様はクレディ・スイスのプライベート・バンキングによる資産
運営方法を高く評価しています。何故なら、リレーションシップ・
マネージャーと共に、短期的投資における魅力あるリターンを実現、同時に、家族の将来設計にも適する長期的な投資戦略を行うことが出来るからです。また、保有資産の約半分を占める自社株式に
ついても、リレーションシップ・マネージャーに有効的な活用方法を
相談しています。

事業の面では、さらなる業容拡大に向けて、資金調達、海外進出、M&Aなどの戦略的選択肢について、クレディ・スイスから様々な
サポートを受けながら検討しています。

神谷 淳様 40歳

case3-150x215

神谷様は米国で修士号(MBA)を取得し、ニューヨークで7年間、
投資銀行業務を経験した後、つい最近、日本に帰国して大手外資系
企業日本法人の最高経営責任者(CEO)に就任しました。

投資銀行業務の経験をお持ちの神谷様は、資本市場と投資商品に関して深い知識を有しています。また、ビジネスの経験から、計画を立てることと専門家の力を借りることが戦略を実行する鍵になることを理解しています。これに対し、クレディ・スイスのプライベート・
バンキングは、しっかりした枠組みに基づいたアドバイスを提供し、
資産運営上のニーズに応えています。さらに、クレディ・スイスの
世界的ネットワークを利用して、国内外の商品や専門的スキルへのアクセスも提供しています。情報収集に熱心な神谷様は、
情報満載で示唆に富むクレディ・スイスの調査レポートをいつも活用しています。

クレディ・スイスの投資手法を利用して、神谷氏は具体的な投資戦略を策定しています。神谷氏は担当リレーションシップ・マネージャーの協力により、事前に定めた投資戦略に沿って、適切な商品に関するアドバイスを受け投資を実行しています。

また、神谷様はクレディ・スイスが主催する若手の経営者を対象と
する会議にも定期的に参加しています。前回は「環境問題」をテーマに、専門家、政府高官、クレディ・スイスのストラテジストによる
シンポジウムが開催されました。現在、クレディ・スイスでは、
全世界的に「メガ・トレンド」と題した長期的な潮流を視野に入れた
投資戦略を提唱しており、「環境問題」を切り口にした投資商品の
ポートフォリオへの組み入れを推奨しています。
神谷様は、CEOとして直面している世界的な潮流対策と、個人的に関心のあった環境をテーマにした投資戦略について有益な示唆を
得ることができました。

関本 光子様 55歳

case4-150x215

流通業界で幅広く事業展開している著名な実業家を夫に持つ
光子様は、夫の資産運営に常に積極的にかかわってきました。

光子様は、これまで資産の大半を預貯金で保有してきました。夫が築いてくれた財産を大切に保全して、将来的にはお子様に引き継ぎたいと考えていたからです。しかし、4人のお子様のうちの1人に
クレディ・スイスのリレーションシップ・マネージャーを紹介されて
以来、彼女は債券や各種外貨への投資によりポートフォリオの
分散化を図っています。それは、預貯金のまま資産を保有している
機会損失に気づき、ポートフォリオを構築して資産の分散化を図る
ことが、インフレ対策など長期的には資産保全に有効であると
考えるようになったからです。

光子様はクレディ・スイスのオフィスを頻繁に訪れます。これは、
リレーションシップ・マネージャーに実際に会うことによって、運用
ポートフォリオについての詳細な状況説明を受けたり、家族の資産を増やし保全するためのソリューションを提供してもらいたいと思う
からです。また、投資期間やリスク許容度などに応じたアセット・
アロケーションを行うことの重要性についての知識も深まり、投資に対する興味の幅も拡がったようです。

米山 邦夫様 65歳

case5-150x215

現在は引退されている米山様は、衣料ビジネス一筋の道を歩み、
長い年月をかけて立派な事業に成長させました。会社はすっかり
安定しており、日本や海外の有名小売ブランドに製品を供給する
までになっています。

引退後、米山様は会社の経営を長男に任せ、日本とスイスにある
自宅で妻や孫と一緒にのんびりと過ごしています。ヨーロッパ絵画の熱心な収集家でもある米山様は、美術への熱い思いを今も失うことなく、欧州諸国を頻繁に旅しては、有望な若手芸術家に会ったり、
美術品のオークションに参加したり、美術館や博物館を訪れたりしています。長男による経営が本格的に軌道に乗った後は、スイスへ
移住することも検討しており、クレディ・スイスから現地の情報を
入手しています。同時に、リレーションシップ・マネージャーが、
移住に関する資産計画などのアドバイスも準備しています。

引退後の米山様の投資の目的は、“成長”戦略から資産の保全へと
シフトしています。米山様を担当するリレーションシップ・
マネージャーは、この変更後のリスク・プロファイルに従い、新しい
投資戦略を織り込んでポートフォリオを再構築しました。また、
会社の株式を長男に円滑に承継させるため、リレーションシップ・
マネージャーと共に準備を始めたところです。米山様は、クレディ・
スイスとのパートナーシップによって、世代を超えて資産を
受け継いでいけると安心しています。

Secondary Content