Navigation

オルタナティブ・インベストメンツ

クレディ・スイスのオルタナティブ・インベストメンツ部門は、業界を代表するグローバル・オルタナティブ・アセット・マネジャーとして、ヘッジファンドやプライベート・エクィティなどの業務をおこなっています。

オルタナティブ・インベストメンツ部門は、ヘッジファンド運用、プライベート・エクイティ、不動産、コモディティ、その他新種オルタナティブなどから構成されます。オルタナティブ・インベストメンツ部門全体としての運用資産残高は1300億ドルを越え、過去20年以上にわたり一貫して業務を展開し、優れた実績を残しています。

日本では、各種商品の販売およびストラクチャリングなどの業務に取り組んでいます。

プライベート・エクィティ

クレディ・スイスがスポンサーとなっているファンドまたは提携しているファンドにはレバレッジド・バイアウト・ファンド、ベンチャー・キャピタル・ファンド、メザニン・ファンド、セカンダリー・ファンド、ファンド・オブ・ファンズ、および日本を含むグローバルな不動産ファンドがあり、資産残高は320億ドルを超えています。

業務は世界39カ国、88拠点におよぶクレディ・スイスの広範なネットワークを活用してグローバルに展開しており、世界の主要地域に約60人のプライベート・エクィティ投資の専門家を配置しています。

主な顧客には米国の年金基金や米国の大学基金はじめ、日本の年金基金、金融機関なども多数含まれます。

ヘッジファンド

主にファンド・オブ・ヘッジ・ファンズの運用とヘッジファンド・インデックスの構築・運営をおこなっています。ファンド・オブ・ヘッジ・ファンズ業務では、フラッグシップ・ファンドの運用と、個別の顧客ニーズに合致するよう設計されたカスタマイズド・ファンドの構築・運用をおこなっています。

インデックス関連業務では、クレディ・スイス/トレモント・ヘッジ・ファンド・インデックスの構築、運営をおこなっています。同指数のパフォーマンスにリンクした商品の提供もおこなっており、ファンド・オブ・ヘッジファンズがアクティブ・ファンドであるのに対して、インデックスのパフォーマンスにリンクしたファンドはパッシブ・ファンドといえます。

プレースメント

第三者の運用するプライベート・エクイティ・ファンドとヘッジファンドをプレースメント・エージェントとして投資家に紹介するプレースメント業務をおこなっています。ヘッジファンドは、様々な戦略にまたがったシングル・マネジャーを対象としています。

ファンド・ストラクチャリング

ヘッジファンドやエマージング市場ファンド、コモディティ・ファンドなどに元本確保やレバレッジなどのストラクチャーを提供しています。商品の形態は主に債券・投資信託になります。



Secondary Content