リサーチ

グローバルな視点で
市場分析や投資戦略をご提供

クレディ・スイス・プライベート・バンキングがご提供するリサーチは、最新の市場動向から多岐にわたる資産クラス、産業セクター、市場の関心が高いテーマまで、あらゆる角度から解説いたします。絶え間なく変化する金融市場のご案内を務めさせていただく上で、リサーチレポートを通じてお届けする投資戦略およびソリューションが皆様の投資判断の一助となるよう願っております。 

インベストメント・マンスリー・レポートは、インベストメント・ストラテジー・リサーチを代表する刊行物で、当社プライベート・バンキングのお客様にのみ提供しています。グローバルで活躍するインベストメント・ストラテジー・リサーチの専門家が、経済情勢やグローバル投資戦略、トップ・インベストメント・アイデアなどの重要テーマについて独自の調査を行い、当社の見解を月次で配信いたします。

インベストメント・マンスリーレポート – タイトル:
[2014年12月] 2015年のトップ・インベストメント・アイデア - 二極化する世界のための投資アイデア
[2014年11月] ボラティリティは上昇したが、当初の戦略を維持
[2014年10月] 二極化した世界の投資戦略
[2014年9月] 米ドルは上昇、債券よりも株式を選好
[2014年8月] 債券と比較して株式に強気、しかし自己満足は禁物
[2014年7月] ハーフ・タイムの投資戦略
[2014年6月] 株式では相対戦略、クレジットでは厳選した投資機会
[2014年5月] 資産価格の上昇局面における投資戦略
[2014年4月] 成長重視の投資戦略
[2014年3月] 地域、セクター、銘柄の選択がパフォーマンスの決定要因
[2014年2月] ITと資本財銘柄に注目

インベストメント・マンスリーレポート(サンプル) (PDF | 3 MB)

クレディ・スイスの「グローバル・ウェルス・レポート」は世界の家計資産に関する最も包括的でタイムリーな情報ソースです。世界経済が依然として厳しい状況にありながらも、健全な住宅市場や強含む株価の後押しを受け、世界の総資産額は2014年央までの1年間で8.3%増加し、初めて家計資産が250兆米ドルの大台を超えました。また本レポートの特別テーマでは、「富の不平等」のレベルや動向についてより詳しく検討していきます。

リサーチ・レポー (PDF | 6.5 MB)

米連邦準備理事会(FRB)が金利の正常化に向けて動き始め、先進国の経済は着実に回復しつつあるように見える一方で、新興国の一部では金利上昇から市場環境が困難になるのではないかという懸念があります。クレディ・スイス・グローバル・インベストメント・リターンズ・イヤーブック2014では新興国市場におけるGDP成長率、株式のリターンおよび長期パフォーマンスの関係を調べています。

リサーチ・レポート (PDF | 6.3 MB)

弊社は現在、世界の多極化や人口動勢、持続可能性という緊 急課題、人間の創造力といった要素から生じた変化に焦点を当てています。今回のグローバル・インベスターはそれらのメガトレンドが今後どのように発展するのか、投資機会はどこにあるのか、そして以前は確実と考えられたことでもはや通用しないのは何であるかを探っています。

リサーチ・レポート (PDF | 4.3 MB)

資産の相続にとどまらず、物事の考え方やシステムの相続についても検証を加えます。斯界の著名人からのご寄稿も含め、このテーマに広範囲に取り組みました。ビジネス相続の現実的な課題や世代間の相続の難しさに直面した一族や個人との面談の傍ら、学術的分析も加えました。

リサーチ・レポート (PDF |2.5 MB)

本号では、「欧州の」プロジェクトの現状、そしてこのプロジェクト持続のために必要な改革の概観から論じていきます。ユーロとの楽しい「会話」の中で、当社の金融市場分析部長がユーロ誕生の原点と、更なる危機を乗り越えていく可能性について議論します。

リサーチ・レポート (PDF | 5.8 MB)

リスクには不確実性がつきものであることを考えると、確固とした投資戦略の構築は科学でもあり、芸術でもあります。今号の「グローバル・インベスター」では、アドバイザリー・プロセスの文脈の中での投資戦略の理論と実践を検証しています。

リサーチ・レポート (PDF | 4.7 MB)

世界的な経済危機の後、政府と中央銀行は、金融システムを安定化させるために思い切った安定化の施策を実施しました。しかし、インフレの再燃や財政不均衡の急激な増大など、政府の介入によって生じる中長期的なリスクがあります。今後、投資家は非常に大きな市場の変動に直面するかもしれません。安定性を取り戻すためには、政府や金融業界(危機の中心となってきました)も、協力的かつグローバルな解決策をみつける必要があります。

リサーチ・レポート (PDF | 7.9 MB)

グローバル・リアルエステート・モニター(2015年第1四半期) - さらなる資金流入が見込まれる不動産業界
世界的に見て、金利が不動産市場に及ぼす影響は、多くの場面で見られるようになってきました。過去に例を見ない超緩和的な金融政策は、一部の国債金利をすでにマイナス圏にまで押し下げています。不動産評価を行う際、最も影響力の大きい変数は割引率とキャップ・レートですが、この評価自体が歪んだ金利によって困難になりつつあります。キャップ・レートがマイナス金利により一段と低下すれば、不動産評価額の上昇を支えると期待されます。

リサーチ・レポート (PDF | 1.3 MB)