沿革

クレディ・スイスの沿革

1856年

クレディ・スイスがチューリッヒで設立される

1932年

ザ・ファースト・ナショナル・バンク・オブ・ボストンの子会社としてザ・ファースト・ボストン・コーポレーシ ョンを設立

1940年

クレディ・スイスがスイス国外に最初の支店を設置(ニューヨーク)

1978年

クレディ・スイスとザ・ファースト・ボストン・コーポレーションの提携開始

1988年

クレディ・スイスがザ・ファースト・ボストン・コーポレーションを買収

1996年

CSホールディングをクレディ・スイス・グループに名称変更し、クレディ・スイスとクレディ・スイス・ファースト・ボストンのホールディング・カンパニーとする

2006年

統合されたグローバルバンクとしての新生クレディ・スイスが発足

日本における沿革

1959年

ファースト・ボストン(現クレディ・スイス)、日本政府による戦後初の国債海外起債で単独引受幹事を務める

1972年

ザ・ファースト・ボストン・コーポレーション東京駐在員事務所開設

1977年

クレジット・スイス(現クレディ・スイス銀行)東京支店 銀行免許取得

1985年

ファースト・ボストン証券会社東京支店開設

2000年

アンブロウズ・キャピタル・リミテッド東京支店(現クレディ・スイス・プリンシパル・インベストメンツ・リミテッド東京支店)開設

2006年

日本法人への移行にともないクレディ・スイス証券株式会社が営業開始