News & Stories

ロジャー・フェデラー:「テニスは生涯において役立つ人生の学びの場です。」

ロジャー・フェデラーはまだ現役から退くつもりはありませんが、引退後の人生の準備はできていると感じています。

フェデラーはたびたび報道でその存在を抹消されてきました。フォームを見失い苦しむたびに「ついにキャリアの終幕」と見出しを飾ったものです。しかし、そのような先走った予測は誤りだと証明するように、彼は何度もコートに戻ってきました。特に印象的だったのは、2017年初めの全豪オープンで優勝したときのこと。フェデラーより年齢が上でグランドスラムのタイトルを獲得したテニスプレーヤーは他に一人しかいません。それでも近い将来、彼でさえ年齢を理由にラケットをおくでしょう。 その後の生活をどのように描くのでしょうか?

彼は慈善活動に力を入れ、家族や子供たちと過ごす時間を増やすつもりだと言います。さらに、ビジネスの世界でも可能性を探りつつ、何らかの形でテニスに関わることを望んでいます。「困難な状況やケガや故障と向き合ったこと、そして試合を通じて世界を巡ってきたことは、計り知れないほどの人生の学びとなりました」とフェデラーは語ります。「これまでの経験が、未来の予測、平常心の維持、プレッシャーの克服に役立つとを望んでいます」